「卒業証書授与」

今日は三女の卒業式。
小学校もこれで終わり・・・。
正直、寂しいというよりほっとしたと言った気持ちだ。

朝、8:50分集合の所を、8:40分に
家をでたから大変だ・・・。
もう、ぜいぜい言いながら小走りに走った。
黒いコートに黒い靴を履いて・・・。
途中で2回声をかけられた。「卒業式ですか?いいお天気でよかったですねぇ〜〜・・。」と・・。
どちらもおばあちゃんだったけど、知らない人の事を喜べるっていいなぁ〜♪と思った。
頭が下がる思いだった。
ういういしい制服姿の三女。
「おめでとう♪」楽しい思い出が沢山できて、よかったね・・・。(^_^)

まだ卒業ではないが、この春には一年間の約束で外で暮らしていた長女がもどってきた。
まぁ、お金とご飯のありがたみがわかったと言う事が収穫かな?(笑)
でも、「かわいい子には旅をさせろ」というけれど、本当だと思う。
この一年で、凄く大人になったと思った。

卒業式の間、色々な事を考えていた・・・・。

長女が中学1年の頃、2歳下の次女に向かって、「あんたみたいな妹がいるからねー、私まで笑われるのよ!
あんたみたいな妹がいるから、私までそういう風にみられちゃうじゃない!あんたみたいな妹がいるから・・・」
と、次女に罵声を浴びせていたことがあった・・。
(あらあら・・・・言いすぎだよ)そう思って口を挟もうとした時・・・・次女がこんな事を言った。

「わかったよー!明日から弟のふりする・・・・・。」って・・・。
長女&私:「ぎゃははははははは」
それまで怒っていた長女も、もう笑いが止まらない。
次女は何笑ってるの?って感じで見ている・・。本気でそう思ったらしい・・(笑)

それから随分大人になったものだ。
次女を見る長女の目が明らかに違うのがわかる・・。
「いいよねぇ〜〜Tちゃんて・・・。ほんといいよねぇ〜〜。」と意味深に言う。
その「いいよねぇ〜」の意味は、(あんたと居るとほっとする・・・心が和むよ)と言う意味である。
昔は妹の行動に腹を立てていたのに、今は次女の長所がどういう所なのか?がわかるらしい・・。

めったに怒らなくなったが、たまに次女を怒っている時がある。<長女
その怒り方はまるで母親のようだ・・。
あなたが生きていくためにしっかりしなさい!と言った意味合いなのである<怒る理由

子どもの卒業証書授与があるとすれば、長女にはもう卒業証書を渡してもいいような気がした・・・・。