「あなどるなかれ・・・」

今日は今までとはまったく違うお話です。

私がコンピュータの世界に入るきっかけは、会社でワープロをもう一台買うって話になった。<10年前くらいに・・・
その当初お勤めしていた住宅メーカーで、事務をしていた私は、「世の中パソコンの時代になってきているし、どうせ買うならパソコン買いません?」
などと軽々しく口走っちゃったってわけ・・・・。
後に自分がどんな目に会うかなんて考えずにね。(^^;)
で、営業の人たちの報奨金で高いパソコンとソフトを買ったわけ・・。
ワープロソフトが一太郎で、顧客管理をするって事で、分けもわからずデータベースソフトのザ・カードってのをね。
それから毎日、本と、パソコンと、サポートへのめったに繋がらない電話との戦いが始った・・・。

家に帰っても、分けわからない本を流し読み・・。

でも、人間必死になるとできるようになるもんで・・・。
元々機械とかが好きなほうだったから、ちょっといじれるようになると、あーもできないか?こーもできないか?と・・・・

周りにだーーーれも、パソコンできる人が居なかったのがよかったのか?
人を頼らなくて、こういう事を調べるにはどこに聞いたらいいか?とか・・・
ヘルプの使い方もうまくなった。

他の会社に移ったあとも、今度はオフコンなるもので、OSがまったく違うものを触ることに・・。
今までできなとされていた事を可能にしたり、ソフト会社の人が取り出せないと言ったデータを取り出すことに成功したり・・。
人間知恵と行動力があれば大抵の事はクリアできるものだと思った・・。

すらすらパソコンを使う人を見て、「あんな風になれたらいいなぁ〜〜・・・。」と良く思ったものである。

実際、現在に至っては、反対にそう言われる立場になっている。

願えば叶う・・・。
継続は力なり!・・・・なのだ・・。

こんな事言っておりますが・・・。
半端じゃなく実力が伸びた理由は、別なところにある(笑)

それはインターネットの世界に入り、チャットで色々な人たちと知り合い。
その当初は、まだそんなにみんながパソコンを使っていなかったので、その世界に入ってこれる人は、ある程度の知識を持った人が多かった。
無知な自分にも、親切に教えてくれたのだ。(感謝)
とにかく、業界(コンピュータ)の人が多かったというのも幸いしたのかな?

毎日同じメンバーで、たあいも無い話をしたり・・・・
その中で、みんなに見せたくてアバタ(3Dの自分のキャラクタ)を作ってみせようと、絵を描き、スキャナで取り込み、サイズを合わせ、色を付け、コンパイルして使えるようにし・・・・。
知らず知らずに色々な事をやっていた。

中でも、ネットワークゲームをやるようになってからは、みんなに着いていこう必死にいろんな事をしていた。
色々できない部分をクリアするために、知らないうちに沢山の知識を身につけ、どうして繋がる、どうして繋がらないを沢山経験した・・。

それが今に至っているのだ。

あなどるなかれ、「ネットワークゲーム」なのである。

世のお父さんお母さん、お子さんのゲームにあまり目くじら立てないでね。
そりゃ、目が悪くなるほどやっちゃだめですけど・・・・・・
大人も知らないネットワークの仕組みを自然に覚えたりするいいところもあるんですよ♪