「掛替えの無い人」

最近、色々思うことがあってふさぎこんでいた。
ネットゲーム仲間でもあるSさんと話しているときに、残業してお給料が沢山貰えたという話になり・・・・・。
私はもちろんいつもの冗談で・・・・「じゃあFF(ファイナルファンタジー)買ってよ♪」と言うと・・・。
Sさん:「嫌だ!(笑)」と返してきた。
私:「ちっ、ケチーーーー(笑)」と返すと・・・。
Sさん・「じゃあ接続料は自分で払えよ!」と言った・・・。

(え??あのケチなSさんが????)
嬉しかった・・・・・・。
買ってくれるからではない。私がふさぎこんでいる事をずっと気にしてくれていて、励ますつもりで買ってくれようとしたからだ・・。
その言葉で十分だった・・・。

私は人に甘やかされる事が無い。
いつも誰かに頼りにされ、人の世話をやき、縁の下の力持ち役をやっている。
それを嫌だと思っているわけではないのだけれど・・・・
この所痛く疲れていた・・・。

いつもなら「いいよ・・・。」で終わってしまうのだけれど・・・・
なんとなくお言葉に甘えたくなった。
きっと私が甘えて買ってもらって、うれしそうにそのFFをやってくれるのがSさんにとって一番嬉しいことだと思ったからだ・・・。

急に秋葉原まで呼び出されて、ゲームを買ってもらい、ジャンクショップなる怪しい店をめぐり・・・。(笑)
私はすでにブームの去った?ポスペのモモちゃんのマウスとCDケースを買って喜んでいた。
Sさんは高いPCパーツを買ったので、1点だけのお買い物。
私のほうが数点あったので、「なんでhimeの方がお得度増してんのよ?(笑)」と言って笑っていた。

ありがたい友人・・・。
掛替えの無い友人・・・。

誰でも人生の中で、二度とこんな人にはめぐり合えないだろうと思う人に、めぐり合うチャンスはあると思う。
それは様々な形で現れ、自分の掛替えの無い人たちになっていく。
それが友人だったり、子どもだったり、恋人だったり、仕事仲間だったり・・・。

互いが大切に思うことで、幸せになれるのである。

ほんのちょっと元気がでてきた矢先に、またまたトラブル発生・・・。

昔お世話に、いや・・・・今でもお世話になっている元上司に、相談のメールを出すと・・・。
すぐに電話がかかってきて、「あなたか、私じゃないとできない仕事があるので、良かったら手伝わない?」と言ってくれた。
本当にそんな事があるかどうかはわからないけど、「あなたが必要なんですよ。(^^)」と言ってくれている。
そう・・・・今の私に一番言ってほしい言葉だった。
人に必要とされているのだろうか?
本当に必要とされているのだろうか???
どんなに一生懸命やっても報われない、自分の存在価値すらわからなくなって落ち込んでいたから・・・。

(どうしてこの人はそんな事がわかってしまうのだろう・・・。)
ますます尊敬してしまった。<元上司

そう、あんな風に心優しい人でありたい・・・・。
そしてストレートにそんな言葉が言えてしまう人になりたい。
太陽と北風の太陽のような人。
人って、厳しい言葉や意地悪な北風のような言葉より、温もりのある温かい優しい太陽のような言葉で動かされるんだよね。
私の中で、「掛替えの無い人」ラベルが又一つ貼られた・・・・・・(*^^)