「個性派俳優」

今朝、めざましTVを見ていたら、広人苑というコーナーで「北村一樹」さんがでていた。
役者さんの中で、とても存在感があって、気になる存在だったので、夢中で見てしまった。
35歳になられるそうで・・・・
もっと若いのかな?と思っていたけど、メジャーになるには長年かかっているんですね。
役柄では、結構くせがあって怖い役が多いです。
でも見た人は絶対忘れない存在・・・。
ああいう人っていいな・・・。
一本筋が通っているという感じです。
プライベートな北村さんは週に2〜3回ゲームセンターに通う無邪気な男の子?という感じで・・。
そこがまた魅力の一つでしょうか?
ギャップがありすぎて(笑)
あの演技ができる根底には、色々な経験があり・・・・
売れない若い頃に3年半の間、日本と海外を行ったりきたりして、放浪の旅をしていたそうです。
その時の経験で、生まれた場所によって、夢すら持てない子達が居ることをしり・・・
自分が置かれた環境が恵まれていることを知り、そこで努力をしない事は申し訳ないと思ったらしいです。
確かに、生まれる環境は選べません。
ただ、環境が恵まれているか、否かには比例しない物もあります。
それは人の愛。
貧しい国に生まれたから愛が無いかといえば、そんな事は無いと思います。
逆に物が無い分、愛が沢山あったりもするかも?

今の日本はどうでしょうか?
「愛」はあなたの周りにありますか?
物は溢れていても、心が乾いていたりしませんか?
人に感謝する気持ちを失ったりしていませんか?
話はそれてしまいましたが、あの怖い北村さんの演技の深みは、北村さんのこだわりがなせる業だったんですね。