I LOVE YOU

先日、長野オリンピックの複合の森選手の弟さんのお話をTVでやっていた。

モーグルの優勝候補で、オリンピック有力選手だった森選手(弟)。

でも、オリンピック選考の直前に進行性の胃がんが発見された。

合宿中のことだった。

速手術、本人はそれで治り、復活するつもりだった。

しかし、病気は再発との戦い・・。

2年後だったか、再発した・・・。

彼にはカナダ留学中に知り合った、カナダ人女性がフィアンセでいた・・・。

とても、かわいく綺麗な人だった。

入院中もお見舞いに来ていたようだ。

遠く離れた国で、恋人がガンに侵されている。

彼は治療の為に、髪の毛は抜け落ち、頬はやせこけ、スポーツで鍛えた足も体も痩せ細っていた。

医者はもちろん許すはずは無い。<出場

しかし、彼のお父さんの、「これがあの子にとってのオリンピックなんです・・・。」の一言で、医者は許可を出した。

もう、彼の命には限りがあったのだ・・・。

彼はその体で筋トレを病院の階段等でし、次ぎの大会に無理矢理でたのだった・・。

ぶかぶかになったスキー靴に新聞紙をつめ、昔とは程遠い記録で、しかし完走したのだ・・。

彼の顔は満足した笑みでいっぱいだった・・。

その後彼はホスピスで余生を送った・・・。

20代前半の死・・。あまりにも早かった・・・。

最後にカナダの彼女から来た手紙・・・。

紙一枚に、一面「I LOVE YOU」の字がびっしりと書き記されていた・・。

私はそれを見た時に、「うぅ。。。。。」と思わず声を出してしまった。

もう、死んで行く恋人に何の言葉が言えよう・・・。

「I LOVE YOU」・・・・それしか彼女は書くことができなかったに違いない・・。

彼女の愛の深さがその手紙にしるされたいたのだった・・。

屈強に立てば立つほど、人間は本当の愛にめぐり合えるのかもしれない・・。